日々の暮らしのこと。

日々断捨離。シンプルに小さく暮らしたい。

残ったアロマオイル使いきり、竹串でリードディフューザー作り

リードディフューザー作り

瓶を振ってもなかなか出てこない、少しだけ残ったアロマオイル。
リードディフューザーにすれば効率よく香りを行き渡らせることができるのでおすすめです。

アロマオイルを最後まで使い切るために

アロマオイルの栓を外してただ置いておくだけ、という方法も楽ですが、これだとなかなか香りが漂わない。

しかもなかなか使い切れず、いつまでも残ってしまいがち。
なかなか減らないオイルを早めに使い切りたい時にもおすすめです。

リードディフューザーにするメリット

食器棚に

無水エタノールを混ぜ、竹串を刺しておくだけで確実にオイルを使い切ることが出来ます。

竹串に液体を染みこませることで、ゆっくりと香りが広がっていきます。

わざわざ高い商品を購入しなくても、アロマオイルと無水エタノールと竹串さえあれば気軽に作れるのも良い所。
電気を使わず、火も使わないのが個人的に嬉しいポイントです。

オイルは好みのモノをブレンドしたり、ミントを加えれば虫除け効果も期待出来ます。

簡単な作り方をご説明

  1. アロマオイルの中栓を外す。

  2. 無水エタノールをビーカーに注ぎ、アロマオイルを加える。(無水エタノール9、アロマオイル1の割合が良いそうです。)

  3. オイルの残りを綺麗にしたいので、アロマオイルの入っていた瓶を利用します。

  4. 先程のエタノールを瓶に注ぎ、先端をカットした竹串を4~5本ほど刺して完成。

正しい作り方はこちらの記事を参考に。

www.shipsmag.jp

おすすめの置き場所

トイレの棚

トイレの棚や玄関などに。トイレは狭いスペースなので効果的に香ります。

トイレでは器に重曹を入れ、アロマオイルを振りかけていましたが、この方法よりもディフューザーの方が香りました。

使い切れないアロマオイルがあったら、リードディフューザーを作ってみると楽しいですよ。

くれぐれも小さなお子さまやペットには十分注意し、倒れないよう安全な場所へセットしてくださいね。

広告を非表示にする