日々の暮らしのこと。

日々断捨離。シンプルに小さく暮らしたい。

テフロンから柳宗理の鉄フライパンにして良かったこと。

使い始めの新品柳宗理のフライパン

柳宗理の鉄フライパン25センチを使い始めて1年が経ちました。

テフロンのフライパンが寿命を迎えたため、柳宗理の鉄フライパンに変えたのですが、約一年使ってみて具体的に何が良かったかを挙げてみます。

鉄フライパンで焼くハンバーグは美味しい!

まず一番に肉料理が美味しく焼ける!と思います

柳宗理の鉄フライパンを購入してからというもの、ハンバーグを頻繁に作るようになりました。

美味しいですよね♡ハンバーグ。子供も大人も大好きです。

今日もハンバーグ♥️

鉄フライパンのおかげか?以前より手際よくハンバーグが作れるようになった気がします。

その他いくつか挙げてみると・・・

  • 蓋が付いているので別に購入する必要がない。

  • 柳宗理デザインであるにも関わらず、良心的価格。

  • 鉄フライパンは重いというイメージを覆すほど軽い。 我が家ではS字フックを使って換気扇の下にぶら下げています。

  • テフロンは加工が禿げてくると買い換えないといけませんが、鉄のフライパンなら長く使え、何より安全です。

  • 手入れは意外と簡単

鉄フライパンの手入れは難しくない

テフロンで慣れてしまうと鉄フライパンはめんどくさい、と思いがちですが、そんな事はないのですよ。使い始めに焼き込み(空焼き)が必要ですが、大変なのは最初だけ。

使用後のお手入れはたわしを使って水洗い。その後は空焼きして油を馴染ませています。錆びつかせないためにも使い終わった後のお手入れが肝心ですね。

サイズについて

以前は27センチのテフロンを使用していましたので、25センチは少し小さいかな?と思いましたが今は問題なく使いこなしています。大きめハンバーグ4つが丁度焼けるサイズ感です。

野菜がたっぷりの炒め物は大きめの中華鍋を使った方がいいでしょう。

これからも長く大事に使っていきたいフライパンです。

広告を非表示にする