日々の暮らしのこと。

日々断捨離。シンプルに小さく暮らしたい。

処分するのはもったいない、まだまだ使えるランドセルの行く末

土屋のランドセル

息子は現在小学6年生。ランドセルは土屋鞄の黒を使っています。 間もなく役目を終えるランドセルですが、さすがの土屋鞄、まだまだ使えます。

購入したのは(入学祝いですが)およそ6年前。少しでも丈夫で上質な素材のランドセルを選びたいとリサーチした結果、土屋鞄に辿り着きました。

www.tsuchiya-randoseru.jp

職人手作りのランドセルは牛革製で、さすがに作りもしっかりとしており、6年経った今も実に綺麗です。この綺麗さ、卒業したってまだまだ使えるよね?状態になっておりまして・・・。
小学生の期間もあと僅かなのに、このまま役目を終えてしまうのは本当にもったいない。

リメイクや寄付、もしくは処分・・

財布などにリメイク、海外に寄付、ミニランドセルに作り変える、ゴミとして処分・・・。

役目を終えたランドセルをどのような方法で蘇らせるのか、もしくは手放すのか。

一番心が傷まないのは寄付、という形になるのですが、この辺はよく調べてみないといけません。 リメイクは業社によって価格がまちまちですが、総じて高額な所が多いです。

小学校6年間の想い出として、形を変えてでも手元に残してあげたい、という気持ちは十分にあるのですが(数万出す位なら)おそらく処分、という形になってしまいそうです。

ああ、ほんとうにもったいない。今から心が痛みます(-_-;)