日々の暮らしのこと。

日々断捨離。シンプルに小さく暮らしたい。

塩豚が美味しすぎて毎週のように仕込んでいる話

塩豚

週に一度、食材のまとめ買いをするようになって約4ヶ月。常備菜作りも自分なりに要領よく出来るようになってきました。そんな中での大ヒット、塩豚です。

食材のまとめ買いをすると、週の中盤から後半にかけて、どうしても動物性食材が足りなくなってくる・・・。そんな時の救世主です。

いろんなやり方がありますが、参考までに我が家の場合をご紹介します。

我が家流、塩豚の材料と作り方手順

日曜に豚かたまり肉を購入したら、その日のうちに仕込みます。

材料

豚肩ロース 大体500グラム(が作りやすい)

塩 大さじ1を全体に擦り込む(正確には肉の重さの5%が良いらしい)

砂糖 大さじ1 塩の後に擦り込む

※塩はMOTHIAのサーレ・インテグラーレ・フィーノ(細粒塩)を使っています。

砂糖は肉をしっとりと柔らかくする効果があるとのことなので入れています。主にきび砂糖や甜菜糖を使っています。

手順

  1. 塩の後に砂糖を擦り込んだらビニール袋に入れ口を縛る。もう一度袋に入れて二重にし、バットへ。

  2. ドリップが出たら捨て、ペーパータオルで拭き取る。

  3. きれいなペーパーでくるんでラップをしバットに乗せる。これを茹でるまで毎日くり返す。

※清潔な状態で行い、くれぐれも雑菌が繁殖しないようご注意を。

塩豚仕込み

塩豚の茹で方

我家の場合、日曜に仕込んで、水曜日か木曜日には茹でてしまいます。
塩が辛過ぎる事があったので、2~30分くらい水に漬けて(時々水を変えながら)塩気を抜いてから茹でるようにしています。

弱火でコトコト30分アクを取りつつ茹でますが、その際ニンニクと生姜の塊と、あればネギの青い部分も一緒に入れます。
鍋のまま冷ました後切り分けます。
下が完成の図。

塩豚完成〜

蒸しキャベツと一緒にポン酢で食するのがシンプルでお気に入り。 まだ茹でる方法しか試していないのですが、焼くのも美味しそうです。

他の方のレシピも参考になります。

cookpad.com

育ち盛り男子のいる我が家では速攻食い尽くされてしまうのですが、仕込んでおくとホントに心強い。そして食卓が潤うこと間違いなし!

広告を非表示にする